鶉野飛行場とは

姫路海軍航空隊鶉野飛行場は、太平洋戦争が悪化しはじめた頃、優秀なパイロットを養成するため、昭和18年に完成した旧日本海軍の飛行場跡です。飛行場の建設に伴い、昭和18年10月には姫路海軍航空隊が開設され、同時に航空整備、兵科、運用、主計、航海、機関、通信、工作、兵器、砲術、医務等の兵隊が在隊していました。
また、飛行場跡の南西には、川西航空機姫路製作所鶉野工場があり、「紫電」「紫電改」など500機余りの戦闘機が組み立てられました。当時、航空隊には、10代を中心に若者が全国から約500名集められ、ここで30時間の飛行訓練を受けた後、各航空隊へと散っていきました。昭和20年には、練習生による神風特攻隊「白鷺隊」が編成され、終戦までに63名の尊い命が失われました。現在も、飛行場跡の周辺には防空壕の跡など生々しい戦争の爪痕が見られる貴重な施設です。

大きさ

場所 兵庫県加西郡九会村、下里村(最寄駅 国鉄北条線「法華口駅」)
航空隊開設 昭和18年(1943年)10月
完成年月 昭和19年(1944年)5月
面積 2,531,040㎡(甲子園球場約70個分)
滑走路 1,200m×60m 1本・1,500m×60m 2本
運搬路 当初8,000m×30m 終戦時 15,000m
掩体壕 55ヵ所(内訳 大10ヵ所 小45ヵ所)
使われた飛行機 中、小型練習機
格納庫 木造 9,157㎡(奥行30m×幅130m)2棟
兵舎 8919㎡(庁舎・講堂・工業場・送信所・居住施設・倉庫)
給水設備 井戸2ヵ所(各150トン)
ろ過設備 稲荷山
電気設備 動力100kw 照明120kw
ガス設備 なし
自力発電所 2ヵ所
電波探信儀 1ヶ所
機銃陣地 5ヶ所

歴史

昭和16年(1941)12月8日 アメリカ、イギリスなどと戦争になる。
昭和17年(1942)9月 鶉野飛行場の建設が始まり、鶉野・中野・宮木の家と九会国民学校が立ち退きになる。
昭和17年(1942)9月 川西航空機が鶉野で飛行機組立工場を準備する。
昭和18年(1943)3月 飛行場の建設工事が始まる。
昭和18年(1943)10月1日 姫路海軍航空隊ができる。練習生や教官、教員が来る。
昭和18年(1943)10月8日 初めて鶉野に飛行機が降りる。練習が始まる。
昭和18年(1943)10月 川西航空機姫路製作所で飛行機の生産が始まる。
昭和20年(1945年)2月 特攻隊の希望者を募り選ばれ、「白鷺隊」の名前がつけられる。
昭和20年(1945年)3月 戦闘機「紫電改」の生産が始まる。
昭和20年(1945年)3月19日 初めて加西郡に空襲があり、飛行機が燃える。
昭和20年(1945年)3月31日 国鉄北条線網引駅西方で飛行機の不時着による列車脱線事故が発生。死者が多数でる。
昭和20年(1945年)
4月6日~5月4日
神風特別攻撃隊「白鷺隊」が鹿児島から5回出撃して63名の若者が戦死する。
昭和20年(1945年)7月24日 加西郡で第2回目の空襲があり、一般の人も被害を受ける。
昭和20年(1945年)7月31日 加西郡で第3回目の空襲がありさらに工場や周辺の家も被害を受ける。
昭和20年(1945年)8月6日 広島に原子爆弾が落とされる。
昭和20年(1945年)8月9日 長崎にも原子爆弾が落とされる。
昭和20年(1945年)8月15日 ポツダム宣言を受け、戦争は終わる。
昭和24年(1949年)11月 飛行場跡地は食糧増産のため田畑となり、滑走路は国の土地となる。
平成11年(1999年)10月 滑走路そばに日本の平和を願い「平和祈念の碑」ができる。
平成28年(2016年)6月 滑走路は国からの払い下げにより加西市の土地となる。

遺跡マップ

加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡

『加西市に点在する歴史遺産を散策するための加西市の公式散策アプリです。歴史遺産の紹介・説明・マップ表示のほか、普段公開されていない巨大防空壕・対空機銃座の内部を360度VRで再現、3D映像による解説を見ることができます。

アプリのダウンロードはこちら

鶉野ヒストリー

どんな人たちがパイロットをめざしていたのか

加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡写真提供 上谷昭夫氏

パイロットになるには、難しい試験や身体検査に合格しなければなりませんでした。
ここで合格した優秀な若者たちは、国語や算数、理科などの勉強とともに体も厳しく鍛えられました。初めて鶉野で飛行機の練習をしたのは、民間飛行機のパイロットを目指していた若者たちでした。しかし戦争がはじまり、軍隊のパイロットになりました。
次にやってきたのは飛行予科練習生(以下予科練と呼ぶ)を卒業した若者たちです。予科練とは、パイロットを目指して海軍に志願し、厳しい試験で選ばれた少年たちを優秀なパイロットに育てる制度です。予科練には、14歳からは入れる「乙種予科練」と16歳からは入れる「甲種予科練」がありました。
そして最後の練習生となったのが、大学の途中で海軍に志願した学生たちでした。それまでは大学生は軍隊に入らなくてもよかったのですが、戦争が進むにつれて学徒動員という制度がつくられ、自分から志願して軍隊に入れるようになりました。

加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡写真提供 上谷昭夫氏

鶉野飛行場での飛行機の練習

パイロットになるには、難しい試験や身体検査に合格しなければなりませんでした。
ここで合格した優秀な若者たちは、国語や算数、理科などの勉強とともに体も厳しく鍛えられました。初めて鶉野で飛行機の練習をしたのは、民間飛行機のパイロットを目指していた若者たちでした。しかし戦争がはじまり、軍隊のパイロットになりました。
次にやってきたのは飛行予科練習生(以下予科練と呼ぶ)を卒業した若者たちです。予科練とは、パイロットを目指して海軍に志願し、厳しい試験で選ばれた少年たちを優秀なパイロットに育てる制度です。予科練には、14歳からは入れる「乙種予科練」と16歳からは入れる「甲種予科練」がありました。
そして最後の練習生となったのが、大学の途中で海軍に志願した学生たちでした。それまでは大学生は軍隊に入らなくてもよかったのですが、戦争が進むにつれて学徒動員という制度がつくられ、自分から志願して軍隊に入れるようになりました。

鶉野飛行場で見られた飛行機

鶉野には飛行機の工場もありました。姫路でつくられた戦闘機「紫電」、「紫電改」を一度分解して、馬車で運び、鶉野工場で再び組み立てられました。14歳ぐらいの少年、少女も働いていました。食べ物も少ない中、一生懸命に夜遅くまで飛行機をつくり続けました。そして、ここで510機もの戦闘機がつくられました。
戦闘機「紫電改」は太平洋戦争中、世界で一番優秀な戦闘機ともいわれました。そんな優秀な飛行機を加西の少年、少女たちがつくっていたのです。この戦闘機をつくった高い技術は、今も飛行機、ダンプカー、ごみ収集車、散髪屋の椅子などに使われています。

  • 加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡
  • 加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡

どちらも写真提供 上谷昭夫氏

加西市 かさい観光Navi 鶉野飛行場跡

アクセス

  • ・車 中国自動車道 加西ICから南へ→中西交差点を東へ
  • 山陽自動車道 加古川北ICを出て加西方面へ
  • 三口交差点を右折→法華口交差点を左折→中西交差点を東へ
  • ※備蓄倉庫北側の駐車場(無料)をご利用いただけます。
  • ・バス 姫路社線 中野学校前下車(姫路駅北口から860円)
  • 姫路北条線 フラワーセンター南門前 下車 ※土日のみ
  • 高速バス 北条バス停→北条鉄道北条町駅→法華口駅
  • 姫路北条線 フラワーセンター南門前 下車 ※土日のみ
  • 高速バス 北条バス停→北条鉄道北条町駅→法華口駅
  • ・法華口駅レンタサイクル
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)、金曜日
  • 住所:加西市東笠原町240-5
  • 電話:0790-20-7368


© 加西市観光まちづくり協会