加西市観光まちづくり協会
加西市役所 ふるさと創造部
文化・観光・スポーツ課内
〒675-2395
兵庫県加西市北条町横尾1000番地
TEL:0790-42-8715
FAX:0790-42-8745
Mail:kyokai@kanko-kasai.com

鶉野飛行場跡・防空壕探検ハイキングマップ

姫路海軍航空隊鶉野飛行場は、太平洋戦争が悪化しはじめた頃、優秀なパイロットを養成するため、昭和18年に完成した旧日本海軍の飛行場跡です。
飛行場の建設に伴い、昭和18年10月には姫路海軍航空隊が開設され、同時に航空整備、兵科、運用、主計、航海、機関、通信、工作、兵器、砲術、医務等の兵隊が在隊していました。
また、飛行場の西南には、川西航空機姫路製作所鶉野工場があり、「紫電」「紫電改」など500機余りの戦闘機が組み立てられました。

当時、航空隊には、17歳から25歳までの若者が全国から約320名集められ、ここで30時間の飛行訓練を受けた後、各航空隊へと散っていきました。

昭和20年には、練習生による神風特攻隊「白鷺隊」が編成され、終戦までに63名の尊い命が失われました。現在も、飛行場の周辺には防空壕の跡など生々しい戦争の爪痕が見られる貴重な施設をめぐるコースです。



鶉野飛行場跡・防空壕探検ハイキングマップ:

約1時間10分

総距離:約3km

法華口駅

播州鉄道開設時(1915年)から約100年の歴史を語る駅。法華山一乗寺や海軍航空隊の入り口駅として栄える

姫路海軍航空基地跡の爆弾庫跡

太平洋戦争時機関銃、爆弾等の保管場所として使用され、頑丈なコンクリートは今なお強度を保つ。

素掘防空壕跡

素掘りの防空壕が残るのは日本でも珍しい。内部はコの字形に曲がり別の入口につながる。危険なので進入禁止。

防空壕跡

太平洋戦争末期に敵戦闘機の攻撃を回避するためにコンクリート構造で爆風に配慮された通路と内部は凸型に屈曲しており、2箇所の出入口でつながる。

航空隊飛行科の地下飛行指揮所跡

昭和20年に入り敵戦闘機の攻撃が予測される時、この場所で指揮をとった。
防空壕の中では戦闘機の模型や現物のタイヤ、写真などが展示され、戦争関連映像も見られる。
※要予約
0790-42-8823(加西市観光案内所)

鶉野飛行場跡

鶉野飛行場跡は、太平洋戦争が悪化しはじめた昭和18年に完成した、優秀なパイロットを養成するための旧日本海軍の飛行場跡。
戦闘機『紫電・紫電改』の試験飛行に使用され、日本で現存するのはここだけ。

鶉野平和祈念の碑苑

戦後54年を経た平成11年に至り、旧海軍関係者、地元有志が協力し、特異な歴史的背景を持つ鶉野飛行場跡を貴重な歴史遺産として後世に伝えるとともに、尊い犠牲の上に築かれた今日の平和が、永遠に続くことを祈念し、鎮魂の思いを込めて、建立した。

機銃座

戦時中は25mm連装機銃を装備し、飛行場の空を守っていた。戦後、長年放置され土砂が堆積し地下の弾薬庫は水浸しになっていたが、地元住民や自衛隊青野原駐屯地の隊員らが協力し、掘り起こされました。

鶉野飛行場資料館

毎月第1・3日曜日
(午前10時~午後4時)入場無料