加西市観光まちづくり協会
加西市役所 ふるさと創造部
文化・観光・スポーツ課内
〒675-2395
兵庫県加西市北条町横尾1000番地
TEL:0790-42-8715
FAX:0790-42-8745
Mail:kyokai@kanko-kasai.com

法華山一乗寺

所在地:
兵庫県加西市坂本町821-17
電話:
0790-48-2006
URL

営業時間:
8:00~17:00
定休日:
なし
入園料:
拝観料:500円(宝物館の拝観には、別途500円必要) ※宝物館の予約については、2週間前までに連絡要

指定文化財等 国宝:三重塔、絹本著色聖徳太子及天台高僧像 国指定文化財: 妙見堂、弁天堂、護法堂、五輪塔、本堂、絹本著色阿弥陀如来像、絹本著色五明王像、銅造聖観音立像、木造法導仙人立像、木造僧形坐像、銅造観音菩薩立像 県指定文化財:鐘楼、石造宝塔、石造笠塔婆、三重塔古瓦 市指定文化財:石造九重塔

 ~国宝三重塔をはじめ文化財の宝庫~

加西市街から、車で約15分。

つづら折りの山道を抜けると法華山一乗寺に着きます。一乗寺は、西国三十三か所第二十六番札所の天台宗の寺院です。
御詠歌にも「春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙なる法の花山」とあるとおり、春、秋の時節には桜、紅葉の名所としても知られており、特に紅葉で境内が彩られると山間の古寺は観光客で賑わいます。
石造の卒塔婆(そとうば)を横に歩を進め、石段を上がっていくと常行堂があり、次の石段をあがると、国宝三重塔が眼前にあらわれます。

この三重塔は平安時代末期、承安元年(1171年)の建立とされており、日本を代表する古塔の一つです。
屋根は、上に行くほど小さくなるように造られおり、安定感のある優美な塔であるのがよくわかります。

その他、石造宝塔、奥の院開山堂等文化財が多く存在しており、特に国宝に指定されている「聖徳太子及び天台高僧画像」は有名です。
小鳥の遠音に耳を傾けながら都会の喧騒を離れ、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

© 加西市観光まちづくり協会