へらへとバーガー

「へらへと」とは加西の方言で「盛りだくさん」という意味。その言葉通り、地元加西産の米で使った米粉パンや紫黒米を使ったバンズ、サンチェ、雪姫ポークハンバーグを「へらへと」使用。これにぶどうの産地としても有名な加西ならではの「ゴールデンベリーA」を使った生姜焼ソースをかけた、まさにALL加西のご当地バーガーです。

■誕生秘話
平成22年。「食を通じて地域を元気にしていこう!」と加西市観光まちづくり協会主催による「ご当地バーガー選手権」を実施し、アイデアを募集。応募総数71点のなか一次予選を通過した10名が実際に調理をして作品をPR。優秀賞に選ばれた3名の作品をアレンジし完成しました。

■こだわりの食材
ボリュームのハンバーグは兵庫県産の雪姫ポークで作られている。「神戸牛や但馬牛のようなジューシーな肉を」との思いから生まれた豚肉で、食品を作る過程で余ったパンや麺類などのでんぷん質を配合した飼料を与えることで、適度な霜降り肉に育っている。柔らかく、肉汁が多いので加西の米で使った米粉パンにもよく馴染む。 また、ソースがこぼれないようにとハンバーグを包んでいるのが、水耕栽培で育てたみずみずしいサンチェ。シャキシャキした歯ごたえがたまらない。
玉丘古墳など古墳が多い加西で育てた古代米「紫黒米」を炊いて、平たく楕円状に圧縮し、軽く焼いたバンズ。赤飯のようなもっちり感と焼きおにぎりのようなカリッとした食感が特徴で、ハンバーグの肉汁とぶどうの果実ソースが染み込んだ絶品のご当地バーガー。

所在地:
加西市畑町2276-7 中国自動車道
加西SA(下り線)
電話:
0790-42-4003

© 加西市観光まちづくり協会