加西市観光まちづくり協会
加西市役所 ふるさと創造部
文化・観光・スポーツ課内
〒675-2395
兵庫県加西市北条町横尾1000番地
TEL:0790-42-8715
FAX:0790-42-8745
Mail:kyokai@kanko-kasai.com

img1
img1_thumbimg2_thumbimg3_thumbimg4_thumb

例年11月末になると約4,000キロにも渡る長旅を終え、コハクチョウの群れが飛来します。加西市は、国内最南端のコハクチョウ越冬地の一つです。コハクチョウが初めて飛来したのは1980年ごろ。当時は数羽でしたが、毎年少しずつ増え、近頃は50羽以上の群れが飛来します。水辺を優雅に舞う姿と水草をついばむ灰色の幼鳥の愛らしい姿が地元住民やカメラマンを楽しませています。

観察される際は、ゴミのポイ捨てや餌付けの禁止などのマナーを守りましょう。

コハクチョウ

観察できる時期:
11月初旬~3月ごろ
観察できる場所:
伝通池・中池・三田池、山下新池、長倉池など 
「コハクチョウ飛来地マップ」はコチラ
最新の飛来情報
根日女の白鳥の会
問合先:
0790-42-8823(加西市観光案内所)

img5img5_thumbimg6_thumbimg7_thumb

東光寺の本山にあたる、比叡山の行事に合わせて、毎年1月8日の夜、鬼会の儀式が行われます。
儀式は、本殿拝殿で「田遊び」から始まり、福太郎・福次郎・田主が、種まきから収穫までのしぐさをして、五穀豊穣を祈ります。県下ではこの東光寺にだけ伝わっている非常に貴重な儀式です。「田遊び」が終わると、引き続き「鬼追い」の行事となり、赤鬼がたいまつ、青鬼が矛を持って、堂内をあばれ回り、悪霊や災難を追い払います。この福太郎・福次郎、そして赤鬼・青鬼には、厄年の男性が扮することで厄払いになると言われています。
ちなみに鬼というと悪いものと考える方も多いと思います。しかし、ここでの鬼は海のかなたや山奥から祝福のために人里に下りてくる神様のことだと言われています。

田遊び・鬼会(たあそび・おにえ)

日程:
例年1月8日
開催場所:
兵庫県加西市上万願寺町392
指定文化財等:
国指定文化財→鬼会
県指定文化財→東光寺梵鐘
アクセス:
中国自動車道より北西15分
問合先:
0790-42-8823(加西市観光案内所)