加西市観光まちづくり協会
加西市役所 ふるさと創造部
文化・観光・スポーツ課内
〒675-2395
兵庫県加西市北条町横尾1000番地
TEL:0790-42-8715
FAX:0790-42-8745
Mail:kyokai@kanko-kasai.com

北条町駅スタート

hojocho station start

高松山ふれあいの森散策コース

北条町駅を出発し、高松山山頂から北条の街を一望して戻ってくる約4kmのコースです。道中には熊野神社や横尾街道などのスポットがあります。

風土記ハイキングマップNo.1(PDF)ダウンロード 

  • 北条町駅に到着したら、構内にある観光総合案内所で必要な情報をチェックしておきましょう。では出発です。駅を出たら左手の交差点まで進み右折します。

  • 信号のある交差点を2つ過ぎ、次の十字路まで進むと大日堂があります。

  • そのまま真っ直ぐ進み、中国自動車道の高架下を潜ります。道なりに歩くと左側に栗田の石燈ろうが見えてきます。
  • 燈ろうの前を通り過ぎてしばらくすると、両脇に熊野神社の鳥居跡が残っています。さらに坂を上っていくと熊野神社に到着です。
  • 熊野神社は紀伊和歌山の神々を祀る神社です。境内には3つの社があり、中央が栗田の社、向かって右側が大歳神社、そして左側が薬力大神と酒見大明神、峰條大神などを合祀した社となっています。

  • 左側の社の前が「里山ふれあいの森」散策コースの入り口です。道なりに進んでいくと休憩所があり、眺望も楽しめます。振り返ると少し上ったところに防護柵と扉があるので、開けて高松山山頂を目指しましょう。

  • 整備された遊歩道を登っていくと山頂に到着です。北条の街が一望できます。

  • 高松山を別ルートから下山して熊野神社に戻ってきたら、栗田の石燈ろうまで来た道を辿り、十字路を左折して道なりに進みます。突き当たりで左に曲がり、中国自動車道沿いの道を歩いていくと、左手奥に見えるのが楽法寺です。

  • 中国自動車道の高架を潜り左に曲がりましょう。車に注意しながら進むと、道路脇に水に浸かったお地蔵さんが見えてきます。かつてここが水源地だった頃、水の大切さを伝えるために祀られたそうです。奥には釈迦堂があります。

  • 釈迦堂を過ぎたら、タンス屋の看板を目印に道路を横断し、細い道に入っていきます。次の十字路を横に走るのが横尾街道です。千本格子や虫籠窓などのある屋敷が軒を連ね、歴史ある街並みが今も残っています。

  • 十字路を左折して進むと、三叉路の角に病除地蔵尊と並んで市内最古の道標があります。一番後ろの道標は享保13年(1728年)に造られたものです。

  • 道標を通り過ぎ県道369号線に出たら右に曲がります。しばらく直進し、右手に交番がある交差点を右折すると、前方にゴールの北条町駅が見えてきます。お疲れ様でした。